元プロ野球選手(私)から見た、100回記念甲子園大会、そして金足農業の吉田投手について

野球界について
スポンサーリンク

こんにちは。

今回のテーマは

100回記念甲子園大会、そして金足農業の吉田投手

夏の甲子園 100回記念大会の盛り上がりについて

さて、今年の夏は例年以上の酷暑で、全国各地で最高気温の記録や熱中症による被害が相次ぎました。

 

この今年の暑さは、まるで高校野球の熱さと比例したのか?と思ってしまうほど今年の夏の甲子園は盛り上がったと思います。

 

元々、高野連が100回大会となる記念大会なので例年以上に盛り上げて行うことは数年前から発信しており、野球関係者ならば周知の事実でした。

 

高野連の施策としては、大きく変化を与えたのは出場校の増加がありましたね。

 

どういう基準だったのかは把握してませんが、各都道府県で校数が多い県なのかな?1都道府県を半分に割って2校が出場できるようになりました。

 

それにより、憧れであり聖地である甲子園球場でプレーすることができた高校球児が増えた事の反面、力量の差がハッキリと現れてしまい、大量得点差の試合があったとも思います。

 

もう一つは、高野連としては長くタブー扱いをして来たプロ野球との積極的な取り組みが行われたと思います。

 

とは言っても、もちろん皆さん元高校球児である元プロ野球選手ですが、各開催日にプロ野球で活躍したOBによる始球式がありましたね。

プロ野球OBによる始球式は感動的でした!

全員を見ることはできませんでしたが、準決勝の日には、PL学園から巨人で活躍された桑田真澄さん、東北高校から横浜ベイスターズで活躍された、大魔人こと佐々木主浩さん、他にも星陵高校から巨人やメジャーリーグで活躍されたゴジラこと松井秀喜さんなど、たくさんの著名野球人が始球式をされていました。

これは甲子園大会の予選となる各地方大会でも行われていましたね。

 

歴史上で色々な事情があり、高校野球とプロ野球が断絶されてきた時代から、少しずつ両者の間で歩みよりや協力体制が行われ、今回の始球式も、そういった視点から見るととても大きな進歩だったのではないかと思います。

 

主催側である高野連だけでなく、その出場を目指してきた各高校でもこの100回記念大会に向けて「絶対に出場するんだ」や「絶対に優勝するんだ」と数年単位で強化を図っていたとも聞こえてきました。

 

そんな中、見事に目標を達成した大阪桐蔭高校は強化してきた筆頭校になるでしょう。

 

ウワサで聞く限りですが、この100回大会が行われる年度に3年生となる学年を入学させる年(要は3年前ですかね)、例年以上に中学生のスカウティングを全国に飛び回って超トップクラスの中学生を集め回ったと聞いていました。

 

まあ、それが全てとまでは言いませんが、強いチーム、勝てるチームを作るには、トップクラスの選手を集めることが一番の近道であることに間違いはないと思います。

 

今の大阪桐蔭にはそれができるんでしょうね。もちろん学校自体の理解や協力、更には実績や評判なども良くないと、いくら声をかけても、中学生やその親御さんたちが信じて高校へ送り出すことをしてもらえませんからね。

 

私たちより以前の時代では、その地位にPL学園がいたのだと思いますが、時代が変わり、現在は大阪桐蔭が高校野球を牽引していると言っても過言ではないと思います。

越境野球強化学校 VS 県立農業高校

しかしその大阪桐蔭に敗れはしたものの、この100回記念甲子園大会の決勝戦で大阪桐蔭と対戦したのは、決して名門とか甲子園常連校とまでは言えない、秋田県の金足農業高校でした。

 

決勝戦の試合前や試合後に大阪桐蔭と整列して見比べてみると、明らかな体格差やチーム全体から感じる雰囲気に格差を感じました。

 

おそらく金足農業が普通の高校野球チームなんだと思います。

 

大阪桐蔭が超エリートの集まりでその差が見えてるんだと思います。

 

そんな甲子園大会で、もちろん大阪桐蔭の選手もドラフト上位候補になるであろう選手も数名いたりして、騒がれて注目をされていた選手もいました。

 

しかし、それ以上に話題を集め大注目されたのは金足農業のエース、吉田投手でした。

 

正直、甲子園に出てくるまではそれほど話題にもなっていなかったと思いますし、私も知りませんでした。

 

それが甲子園での1回戦に勝利した後に、プロ野球OBの著名人たちが「完成度が高い投手がいる」とメディアを通して取り上げられるようになりました。

それからは、あれよあれよと言う間に勝ち上がり、秋田県勢では103年ぶりとなる決勝まで進出しました。

 

もちろんこれだけの活躍をした投手ですから今年のドラフト会議では注目されると思います。

 

私が見た感想でもやはり投球フォームは精度が高く思います。

 

私たちの年代で思い出す投手は鹿児島・樟南高校で2年生からエースとして甲子園のアイドル的存在で活躍した福岡真一郎投手を思い出させます。

プロ野球投手と身長について

右のオーバーハンドの投手として、身長が高くない事が若干の懸念点に思います。

 

左投げだったり少し変則的な投球フォームであれば身長は気にしないで評価されると思いますが、やはりオーソドックスな右上手投げともなると投球のボールの角度も評価の一つになってしまいますね。

 

吉田投手の場合は公表では178cmですのでそこまで低いって訳じゃないんですが、やはりプロ野球の世界で見ると大きくはないですね。

 

この辺の評価が今年のドラフト会議では各球団がどのように判断をしてくるのかが見物ですね。

 

まずは吉田投手の進路について、9月1日~10月11日が提出期限となっているプロ野球志望届の提出の有無など、今後の動向について気にしていきたいと思います。

それでは今日はこの辺で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました