元プロ野球選手(筆者)の「中学の軟式野球部ではまったく目立たない選手でした」 第④話

筆者について
スポンサーリンク

こんにちは。

今日のテーマは

中学の軟式野球部ではまったく目立たない選手でした

前回の第③話では、私が通っていた中学校の軟式野球部について軽く紹介しました。

 

その中で、後にプロ野球選手となる私がどんな部員だったのかを説明したいと思います。

 

とにかく、同級生の中でもまったく目立たない選手でした!

特別に強い訳でもない野球部だったと紹介しましたが、その中で、私は1年2年と先輩がいる時にレギュラーどころか試合に出してもらう事すらないような選手でした。

 

そして中学2年生の時、1学年先輩たちの最後の夏の大会を負け引退をし、やっと私たちの学年が最上級生となりました。

 

そこで初めて試合に出してもらったり練習もまともにやらせてもらう事になるのですが、何せ私は左投げですので守れるポジションは「ピッチャー」「ファースト」「外野」しかありません。

 

一応、後にプロ野球の世界に入る時はピッチャーだったのでしたが、この中学2年の時は主に「ファースト」でしたね。

 

仮にピッチャーをやるとしたら、同級生の中でも4番手くらいの力でしたので、ほとんど試合で投げる事はありませんでした。

 

「じゃあファーストを守りながら打撃が良かったんじゃ?」と思われるかもしれませんが、これまた同級生の中で打順は「2番」や「6番」くらいで決して主軸ではなかったんです。

 

ホント中途半端な野球少年でしたね。

練習しているよりもサボっていた

私自身の中学生の時の野球の記憶と言えば、練習をしているよりもサボっている記憶しかないですね。

 

中学の野球部なのでもちろん学校の先生が顧問ではあるのですが、ほとんどグラウンドに出てきている記憶はないです。

 

たまにグラウンドのレフト後方にある職員室から窓越しに見ていたり、職員室の外からタバコを吸いながら練習風景を眺めているくらいでした。

 

そんな状況なので、悪さばっかりしていた私たちは、野球の練習を真面目に取り組む訳がなかったんです。

 

いかにたまに職員室から見ている顧問の先生の目を盗んでサボるか!こればっかりでした。

 

部室にこもって遊んでいたり、時にはグランド、学校の敷地を抜け出して他の部員と一緒に自分の家に帰って時間をつぶしながら遊んでいたり・・・。

 

そんな記憶ばっかりです。

家に帰ってからも特に練習はしなかった・・・笑

部活の時間でそんなサボりばっかりの私だったんですが、じゃあ部活も終わって家に帰ってから自主練習などをしていたかと言うと、これまたほとんどしていないんですよね。

 

ほんと気まぐれで、今となってはどれくらいの頻度だったのかも全く覚えていないんですが、たま~に家の近くのちょっとしたスペースで素振りをしていた事もありますが、たぶんそれも100回くらいだと思いますし、ホントに大げさじゃなく、ホントにたまにでした。

 

どちらかと言うと、両親に感謝なのですが、学習塾には行かせてもらっていたので、週に2回か3回くらいは部活が終わり次第、自転車で15分くらいの塾に通っていました。

 

そのお陰で、学校の授業中は遊んでばっかりいて悪い事ばっかりしていたにも関わらず、意外と勉強は出来たんですよね。

 

主となる5教科(国語、数学、英語、理科、社会)のテストでは500点満点中、350点を下回る事は無かったと記憶しています。

 

良い時は430点くらいは取っていたかなと(ちょっとした自慢です)。

 

とにかく学習塾に行っていた事もあり、夜に自主練習をする時間もなかったですし、そもそもそんなに努力をするほど意識は高くありませんでした

よくプロ野球選手になれたね~

ホント、この頃の私を知っている同級生や先輩・後輩からすると、「よくお前がプロ野球選手になったね~」だと思います。

 

この頃の自分を思い出すと、自分自身でもそう思いますもんね。

 

人間って「いつ」「どこで」「何があるか」ホントに分からないんですよね~。

 

自分自身の実体験でホントにそう思います。

 

もちろん、こんな私が後にプロ野球選手になれた事には、「まぐれ」でもあり「たまたま」でもあるのですが、明確なハッキリと説明が出来る出来事があったんです。

 

間違いなく、「この出来事」があったからプロ野球選手になれたんです!

 

この出来事」については、そんな一言二言で説明できることではありませんので、また随時このサイトで説明をしていきたいと思います。

 

と言うか、このサイトを始めた理由は「この出来事」を伝えたいからだと言っても過言ではありません。

 

それではもったいぶる訳ではありませんが、またそのうちじっくりと説明させてもらいますね。

 

今日はこの辺で・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました