元プロ野球選手(私)の考える野球選手育成と野球チーム作り その②

野球の練習について
スポンサーリンク

こんにちは。

 

前回の記事では「野球選手の育成」と「チーム作り」の関係性についてお話をしている中で、「チーム作り」=「組織力」の話で終わってしまいました・・・。

 

今日は、その続きとして「野球選手の育成」についてお話ししようと思います。

「選手育成」に対する大きな勘違い

野球選手の育成と言うと、たくさんバットを振って、たくさんボールを投げて、たくさん素振りをして、たくさんシャドーピッチングをして・・・と、技術の練習ばかりを考えてしまうかと思います。

 

もちろん「育成」ですから、そういった技術面、フィジカル面のスキルアップは大事な事です。

 

今の時代ですから、ランニングとか走り込みとかはどちらかと言うと否定されがちですね。

 

ウェイトトレーニングや、バットの振り込み、ボールの投げ込み、こういった事は選手たちも積極的に頑張ろうとする意欲は持ちやすいですね。

 

更に言えば、こういった技術的な練習をやっていれば充分だと満足してしまう傾向が強いです。

 

確かに、こういう練習を意欲的に継続していけば、目に見えて体も大きくなったり部分部分が太くなってきたりするので、選手自身のモチベーションも高まりやすいです。

 

それはそれで否定をするつもりはありません。

 

ですが、それだけでは必ずしも「育成」とは言い切れないと感じています。

 

野球」というスポーツは、必ず相手が存在します

 

陸上や水泳など、タイムと戦うスポーツではなく、相手のピッチャーがいたりバッターがいたり、必ずどんなシチュエーションでも相手の選手が存在します。

 

しかも、1プレー1プレーのインターバル(間隔)がしっかりとあるスポーツなので、より選手のメンタル(精神状態)がプレーに影響されやすいスポーツだと思います。

対戦相手はロボットではなく人間である

人間には必ず「脳」「心」があります。

 

対戦している訳ですから、相手の選手も、必ず「抑えよう」とか「打ってやる」とか「点をやらない」とかを考えながらプレーしているはずです。

 

率直に言い換えれば、自分自身が望んだとおりのプレーはそう簡単にさせてくれない、訳です。

 

そして、試合の中でのシチュエーションも様々です。

 

試合が始まったばかりで、まだそこまでプレッシャーが強くない場面もあれば、反対に、この1球で試合の勝敗が決まってしまうような、しびれるようなシチュエーションの場面もあるのです。

 

人それぞれ目的や感性は異なると思いますが、チームとして戦力になる選手とは、マシンを相手にバッティング練習でホームランを量産する選手ではなく、試合で様々なシチュエーションの中、緊迫したプレッシャーのかかった場面でチームを勝利に導くプレーができる選手のはずです。

 

さて前置きは長くなりましたが、では戦力になる選手を育成するにはどういう方法があるのか?

 

それは、自分の好きなことは一生懸命に練習するけど、自分が好きではない事苦手な事興味がない事には向き合おうとしないようではいけないのです。

 

先ほどの例え話で言うとすると、ウェイトトレーニングは好きだから毎日でもやろうとする、または打つことは好きだからいくらでもバッティング練習はする。

 

でも、走る事、守る事、もっと言うとチームとしての規律やルールを守ろうとしない、自分の面倒な事、嫌いな事、興味がない事は真剣に取り組まない。

 

これでは、試合の決定的な場面、シーズンの一番大事な場面など、プレッシャーのかかった場面で結果を出せない事が多くなるはずです。

練習をする目的は何なのか?

途中でも言いましたが、人それぞれ目的は異なると思います。

 

練習のシーンも異なります。

 

「俺はチームが勝とうが負けようが関係ない。プロ野球選手になれればそれで良いんだ!」とか、チームに所属せず個人の練習しかしていない、など。

 

あまり多くは無いと思いますが、上記のような目的になると、ただ黙々と技術的な練習を反復してどんどんスキルを高めれば良いと思います。

 

でも、大半の人たちは野球をしている以上、どこかしらのチームに属して、試合もあり公式戦にも出場してチームが勝つことを目的の最優先としている人がほとんどじゃないでしょうか?

 

前回の話と合わせてまとめると「能力の高い選手を育てる事」が優先であれば好きなことをとにかくたくさん継続して練習をすれば良いと思います。

 

でも「勝てるチームを作る」「良いチームを作る」事が優先なのであれば、技術的な練習よりも最優先に考える事が他にあると言う事です。

 

それは練習の時間や量の問題ではないはずです。

 

「練習」と言う「手段」の中で、選手として人間として何を高めなければいけないのか?

 

これは選手自身が考える事ができるのはとても難しい事です(不可能とは言いませんが)。

 

どちらかと言うと、チームのスタッフ、指導者、父母、の人たちがそういう視点をもってチーム運営をしていくことが一番の近道になると思います。

 

それでは今日はこの辺で。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました